最近イラストの依頼が増えています。

房TUBEは動画を中心に、広告コンテンツ全般の制作や地域情報発信を行っています。

そんな中、最近多く発注頂いているのがイラストの制作。

イラストには「文章の補足」「誌面や画面の装飾」「イメージを伝える」などの役割がありますが、中でも私たちが取り扱う広告イラストでは「商品を売る」「ブランドイメージを伝える」など目的を達成するための表現だと考えながら作業を進めます。

制作に入る前には必ずこの描いたものをどこでどのように使いたいのか、誰に見て欲しいのか、制作する目的は何かなど細かくヒアリングさせてもらいます。

お客様から聞き出した情報の中に絵を描く沢山のヒントが隠れている訳です。

今回のこのイラストは館山駅東口の町を楽しいものにしたいという願いが込められています。

関連記事

  1. カメラチーム!「滝」をモデルに環境撮影に挑む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)